« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の21件の記事

2010年11月30日 (火)

長距離クロールの自主連。長距離って何mを泳げばいいんだろう。

長距離スイマーって、いったい何メートルを泳げばいいんだろう。
200mを満足に泳ぎ切れないんじゃ、まだまだなのは解かってる。
もしだよ。200mに壁というものがあって、
この200mさえ乗り切れれば500mは行けるってことになると
もっと今を頑張れるのに。
200mを泳ぐのに、あんなに苦しいんじゃ、とてもやってられない。
今は、力を抜いてキレイなフォームで泳げるように、
距離には余りこだわっていない。
と、いうか、きれいなフォームのまま、長い距離を泳げないから
そう言っているだけなんだけど、
80mを楽に泳げるようになれれば、
その次が、きっと訪れるだろうって思ってる。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

14回目の長距離クロールレッスン。今日もハイエルボー。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(完泳)
④ビート版片手スクロール20m×4
⑤タッチアップクロール20m×4
⑥コンビネーションクロール20m×4
ウォームアップと称して泳がされている200m。
今日もなんとか泳ぎ切れたけど、少しも楽にはならない。
今日やったレッスンは、先週とまったく一緒だった。
と言うことは、私自身、先週から少しも進歩していないってことか。
余り掻き過ぎないで、肘から先にリカバリーするストロークを繰り返した。
ちなみに、陸上でも同じ動きをやってみた。
これがスムーズに出来ない。
陸上で出来ないことを、いくらやろうとしても出来るはずがない。
でっ、何も収穫が無かったかというとそうでもない。
それは、胸の辺りまで掻いたら、
そこからプッシュしないで、リカバリーに入れって言われた。
ということは、入水して伸びた位置から胸までの短い距離の中で、
水をキャッチして押し出さなければならない。
このキャッチの動作がなんとなく掴めてきた。
今まで、水をキャッチすることなんて本当に出来るのか?
って、思ってたりして、いい加減にしてきていたことだった。
ようやく、これがキャッチって言うことなのかも知れないって、
おぼろげながら、なんとなくではあるが、解りかけてきた。

A

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月26日 (金)

私もリコール品を買わされた。

ヨドバシカメラから郵便が届いた。
この前買ったICレコーダ用の「USB充電器の不具合のお知らせ。」だと。
ギター教室の先生に、
「自分の演奏をICレコーダで撮って聞いてみると勉強になりますよ。」
って言われて、買ってきてあったものだった。
ICレコーダ本体は、オリンパス社製のものだったんですけど、
充電器は、店員さんが、「純正ではないんですがお安いですよ。」ってことで、
バッファロー社製のヤツを買ってきたんです。
「本体内部にホコリが溜まると、極めてまれではありますが、
トラッキング現象が発生する恐れがあります。」ときた。
トラッキング現象ってなんだ?。
「キング」って言うぐらいだから、きっと大変なことなんでしょう。
それに、極めてマレって、どのくらいだ?。
「極めて」も「マレ」も同じ意味じゃん。
これって、二重用語だよね。
でもどうやら、無償交換してくれるらしい。
案内されたホームページで、必要事項をインプットしたら、
送ってくれるんだと。
なんか知らないけど、儲かったような気がしてきた。
まるで、自分がバカガイのむき身だとは知らないアオヤギみたいに、
のほほ~んと、ぬか喜びしてるみたいだった。

Domodomo_5

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

49回目のギター教室。厚いピック。

前回のレッスンで渡されていた「ホテルカルフォルニア」のTAB譜。
とにかくイントロのところの8小節を繰り返し練習してきた。
先生、遠慮がちに、「どうですか?」って聞いてきた。
どうせまだ弾けてないんでしょってな感じだった。
正直、8小節を通して、突っ掛らずに弾けるようになったのは、
今朝のことだった。
だから自信はなかった。
で、1小節ずつ始まった。
1小節を単独で弾くんだったらなんとか大丈夫。
だから、1小節ずつなら、とうとう最後まで弾けてしまった。
そしたら先生、「ピックを厚いのに変えてみましょう。」だと。
「単弦で弾くときは、厚いピックの方が音域が広がります。」
で、1小節目から、今度は厚いピックに変えて弾き始めた。
うっ、ダメだ。全然弾けなくなってしまった。
ピックを少し厚いのに変えただけなのに、ダメになってしまった。
厚いピックで弾く時は、もっともっと力を抜かないとダメなんだって。
私の許容範囲はなんと狭いんでしょう。
綱渡りのロープが細すぎます。
少し風が吹いただけで、奈落の底にまっしぐらです。

Gya

あ~あ、もっと太いロープは売っていないんでしょうか???。
石原良純がタウンページを持って来てくれないかしら。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

長距離クロールの自主連。長距離を目指してるクセに。

言葉では、「長距離クロールを目指して。」なんて言っている。
でも、自主連では、ちっとも長い距離を泳ごうとはしていない。
1週間に1回のレッスンで、200mを1回だけ泳いでいるだけだ。
レッスンだから200mが泳げているけど、
あの苦しさを、自主連でもやろうと言う気になれない。
苦しくて途中で負けてしまう。
だから、自主連でも、80mを繰り返しているだけで、
それ以上の距離は泳いでいない。
なぜかって言うと、それは、苦しいからだ。
長距離を泳ぐと苦しいからなんだ。
苦しむのは、いやなんだ。

Atamaita

自分の中では、言い訳がある。
今は、力を抜いたフォームを身に付けることが第一なんだ。
レッスンでやってもらってることを個別に復習している。
そうすれば、そのうちに、苦しまなくても長く泳げるようになれるはずだ。
そう思って、苦しい練習から逃げている。
長い距離を泳ぐのって、こんなにも苦しいことなんだろうか。
今日も120mでやめてしまった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

13回目の長距離クロールレッスン。ハイエルボー。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(完泳)
④ビート版片手スクロール20m×4
⑤タッチアップクロール20m×4
⑥コンビネーションクロール20m×4
ウォームアップと称して泳がされている200m。
前回は恥ずかしながら、途中で足を着いてしまった。
ゆっくりゆったり泳ごうとして、ストロークをゆっくり回すようにしていた。
それが、逆にギクシャクしたフォームになってしまったようで、
途中で疲れ果ててしまった。
だから、今回はゆっくり泳ごうとはせず、普通のピッチで泳いでみた。
最後はバタバタだつたけど、なんとか泳ぎ切れることができた。
レッスンの引き続きのテーマは、「長距離スイマーを目指して。」で、
今日は前回に引き続きハイエルボーだった。
これまでやってきたことは、
①キックをしっかりリズム良く打ちましょう。
②力を抜いてストロークをしましょう。
そして今回の、③ハイエルボーだ。
胸の辺りまで掻いてきたら、そこからプッシュせず、肘を水面に上げ、
体に近い所を通してリカバリーするっていうのを、
ビート版を使ったり、タッチアップクロールで試したりして繰り返した。
ハイエルボーが長距離スイマーとどう関係してるんだろうか。
ハイエルボーって、何のためにやるんだろう。
そこんところが良く解からなかった。
長距離スイマーを目指して4ヶ月が過ぎている。
私の心の中では、ちっとも長距離スイマーにはなれていない。
こんなんでいいんだろうか。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

牛乳パック。

私の得意ワザは、牛乳パックを綺麗に開けれる事
牛乳パックの開けるところに、「開け口→」って書いてある。
あれって、おかしいと思います。
どちら側も同じ形をしてるのに、
「開け口はこちらです。」って、決め付けられちゃってるのは、
あまりにも一方的過ぎて、反対側がかわいそう。
だから、私は、いつも反対側を開けてやるようにしてるんです。
でも開けずらい。

Milk_pack

やっぱり左と右とでは、何か造りが違っているみたいです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ギター自主連。写譜。

前回のギター教室でやった「ホテルカネフォルニア」。
30分間で、カタコトでも1小節すらクリアできなかった。
問題は2つある。
一つは、何番目の弦を弾いていいかが解からんってこと。
そしてもう一つは、アップとダウン。
なんか、アップストロークとダウンストロークって言うと、
水泳みたいだけど、水泳なら、ただ単純にアップとダウンを繰り返すだけでいい。
でも、ギターは違うんだ。
まぁ、基本は16分音符で繰り返してはいるんだけど、
その中に空ピックが混ざってて、
アップが1回飛んだりして、ダウン・ダウンとダウンが連続することがある。
このアップ・ダウンの正しい指使いが難しい。
ってか、難し過ぎて、一歩も前に進めなかった。
そこで、いつでも、通勤途中でも練習できるようにって、
手持ち用にと譜面をコピーすることにした。
コンビニに行ってコピー機を使えば簡単だけど、行くのが面倒だった。
そこで、自分で書き写すことにした。
スケールで線を引いた。
当然、五線譜だから、5本引いた。
次に音符を書き写そうとしたら、線が足らん。
TAB譜だから、線は6本いるんだ。
なにを今更言ってるんだろうね。当たり前のことじゃん。

Aninotes82

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

レッグプレスと階段の昇り降り。

「エレベータを使わないで階段で昇り降りしてる。」
って、よく言う人がいる。
何よ。階段を昇るくらい、なんの運動にもならないよ。
って、私は、これまで思っていた。
でもでも、よくよく考えてみるとそうではないみたいだ。
ジムにあるレッグプレスのマシーン。
体重の2倍の重さは上げられるって言われてる。
計算し易いように、体重を50kgだとすると、
レッグプレスでは、100kgの重さを上げられることになる。
レッグプレスは、両足を使って上げてるから、
片足に掛かる重量は50kgってことになる。
つまり、片足で体重分の重量を上げているのと同じだ。
では、階段ではどうだろう・・。
当然、片足ずつ着けて登る。
その片足で立っている時は、
片足に体重分の50kgが掛かっていることになる。
そして、上の段へと膝を伸ばそうとする運動は、
まさしく、レッグプレスで膝を伸ばす時と同じ動作だ。
レッグプレスを10回やろうものなら、
もう最大級に疲れてしまう。
階段を20段も30段も昇るのは、
レッグプレス10回より、はるかに運動になるんだってこと。
今更ながら気付いたよ。
今までバカにしていた人、ゴメン。
私も階段を使います。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

長距離クロールの自主連。脱力。

前回のレッスンでは、200mクロールを泳ぎ切れないで、
途中で足を着いてしまっていた。
それまでに3回やった200mは、少しずつ楽に泳げるようになっていたのに、
4回目で挫折してしまった。
原因は、一定のリズムでキックを打つことを意識し過ぎて、
キックを打ち続けたことで、疲れてしまったからだと思う。
そして、前回は更に力を抜くためだと、「肘先行のリカバリー」も教わった。
でも、これも力を抜くことができなかった。
力を抜くためにやっているのに、
私の場合は、逆に力が入ってしまうようだ。
でっ今日の自主連は、脱力がテーマ。
「力を抜いて泳ごう。」と言うと、力が入ってしまってたので、
逆に「力を思いっきり入れて泳いでみよう。」にした。
キックを大きく強めにしなるように打って、
ストロークも、アメリカザリガニみたいに、
ガツガツ掻いてみた。

Zarigani

でっ解ったのが、力を入れて泳ぐのも難しいってこと。
体はよじれるし、ローリングもまともに出来ないし、
下半身は沈みがちになるし・・・・、
「力を入れなくても泳げるように」なるためには、
当たり前のことだけど、「良い姿勢」が大事だってことかな。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

12回目の長距離クロールレッスン。リカバリーは肘から。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(途中足つき1回)
④グライドキック20m×2
⑤ビート版片手スクロール20m×6
⑥コンビネーションクロール20m×4
ウォームアップと称して泳がされた200m。
今日はダメだった。4回目のターンの前に力尽き、足を着いてしまった。
前回のレッスンまでのメインテーマだった、
「キックを一定のリズムで打とう。」を意識し過ぎてしまったようだ。
バンバンバンとキックしてたら、疲れ果ててしまった。
疲れずに、一定のリズムでキックを打ち続けることなんて、
本当に出来るんだろうか。

Aan

でっ、今日のレッスンのテーマは、キックからストロークに移った。
力を使わないストロークの一環で、
「リカバリーは肘から。」ってのをやった。
プッシュして、フィニッシュで掻き切らないで、
途中から肘を水面に上げ、肘を先行してリカバリーをする。
力を抜くどころか、逆に力が入ってしまった。
終わってみたら、両肩がパンパンにはっていた。
今日は、「力を抜いて長い距離を泳ごう」だったのに、
キックもストロークも、逆に力が入ってしまった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

通勤定期券を更新。

私の会社、通勤費は実費で支給されます。
でも、後払いで、銀行振り込み、
しかも6カ月間定期の料金分が前提です。
このあいだ、定期の期限が切れたので、買いに行ってきました。
6カ月っていうと、6万5千円もの現金を持って行かなければなりません。
京王専用のカードでないとカード払いが出来ないんです。
6万5千円の現金を見たのなんて久しぶりです。
その札束を、人が行き交う自動発券機の前で晒すのって、
オットセイみたいに、物凄くオドオドしちゃいました。

010604icon002trans

一万円札が。一枚ずつ、吸い込まれていきます。
もっと早く、早く吸い込んでくれ~、
やっと全部のお札が吸い込まれて、やっと安心できました。
無事、定期券は買えましたが、
どうせ大枚の札束を持ってるんだったら、
もっと他の、なにか景気の良いことに使いたいもんです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

48回目のギター教室。ついに「ホテルカルフォルニア」

今日のギター教室までの間、「ダイヤモンドヘッド」をずっと練習してきた。
先生の前で、間違えずに弾いてやるんだって思いで練習してきた。
先生が、「どうですか。」
「わからないところはありますか?」って聞いてきた。
いっぱい練習してきたから、わからないところは一応はない。
だから「わからないところはありません。」って答えた。
「じゃあ弾いてみましょう。」って言うと思ったら、
「そうですか。じゃあ、後は練習ですね。」
「はい。」
「それじゃ、今日はこちらでいきましょう。」
ってことで出てきたTAB譜は「ホテルカルフォルニア」
以前、私がギター本からコピーして先生に渡してあったものとは違っていた。
「まず、CDで原曲を聞いて見ましょう。」
そうそう、このイントロの部分が格好よくって、
弾いてみたいなって思ったのが、ギター教室に入るきっかけになったんだ。

Gtr03

「原曲で使われているギターは、弦が12本あるんです。」
「うっ、12本!!。デカッ」
「CDを良く聞いてみると2本の弦が同時に鳴ってるのがわかりますよ。」
「わかりません。」
「まず最初のアルペジオのところからです。」
「アルペジオなのにピックで弾くんですか。」
「そうですよ。今のうちにダウンのアップを正しく覚えちゃいましょう。」
「ダウンとアップってなんですか。」
ってしてるうちに、1小節も進まずに30分が終わってしまいました。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

新人のみみずく先生。

ルネサンス仙川の新しい先生のうちのひとりで、
「みみずくの次郎長先生」はね・・・・、
(何それ、まぁ~、ミミズの次郎長でなくって良かったけど、
それにしても名付けのセンスがないよネ~。)
ほっといてよ。
でね、「みみずくの次郎長先生」はね、
こう見えて姉御肌で、人の面倒見はいいんだけど、
あとさきを考えないところがあるんだよね。
(本当に知ってて言ってるの?。)
だからか、いっつも、みみず腫れが絶えないんだよね。
(やっぱり、ミミズじゃん。)
それと、あの背の高さは、私にとって時として脅威。
お相撲とったら、完璧に負けそう。
でもね、みみずくのような、
すっとんきょんな目をしててかわいいんだよね。
(まぁ~ね。)

Komimizuku3b

この前、フロアスタッフの引継ぎで、
ひげメガネ先生と、北国の鬼が島先生の二人から、
引継ぎされてて、同時にいろいろ教わっていた。
遠目から見ていると、その時、
真ん中にいたみみずくの次郎長先生が一番貫禄があるみたいだった。
あとで、こっそり「どっちの先生が怖い?」って聞いたら、
右側を指差していた。
私が思ってたのとは逆だった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

長距離クロールの自主連。一定のリズムでキック。

先日のレッスンで、とうとう最後までできなかったキックの自主連をした。
息継ぎの時にも、それまでのリズムを崩さないで、
一定のリズムで、キックを打ち続けられるようにって練習をした。
ビート板キックや、グライドキックみたいに、
キックだけの練習をいくらやらされても、ちっとも効果がない。
問題は、キックにあるんではなくって、
息継ぎにこそ問題があるんだってことだ。
息継ぎ自体のリズムが狂っているんだ。
息継ぎのリズムが、キックのリズムの延長線上にあれば、
リズムが狂うことはなくなるはずだ。
でっ、今日は徹底して息継ぎを繰り返した。
キックのリズムに合わせて息継ぎをしようと意識して練習した。
キックと息継ぎは別物ではなく、
一連の流れの中で、
一定のリズムで両者が繰り返されるものなんだ。
とっ、季節はずれのクツワムシみたいに屁理屈ばかりを言っていた。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

11回目の長距離クロールレッスン。徹底してキック。でもダメだった。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1
④グライドキック20m×2
⑤サイドキック20m×4
⑥仰向きグライドキック20m×2
⑦仰向きで左右にローリングしながらキック20m×2
⑧うつ伏せで左右にローリングしながらキック20m×2
⑨クロールコンビネーション20m×3
今日もウォームアップと称して200mを泳がされた。
そう、「泳がされた。」っていう受動的な気持ちから逃れられないでいる。
でも、今日は今までと少し違った発見があった。
それは何かと言うと、今まではゴールが近づけば近付くほど、
フォームがどんどんバラバラになっていき、
やっとなんとかたどり着いたって感じだったけど、
今日は少し違ってた。
最後の一往復のうち往路は、
やっぱり今までのようにバテバテだった。
でも、ターンをして最後の20mになったとき、
それまでバラバラだったフォームを、
少しだけだったけど立て直すことができたんだ。
「力を抜くんだ。」「伸びるんだ。」って、
自分に言い聞かせながら泳いだら、
だんだんと苦しさを忘れられるようになった。
最後のゴールは楽ではなかったけど、
すがすがしく気持ちよかった。
次は、徹底してキックのレッスンだった。
最初から最後までずっとキックばかりやらされた。
(↑また、やらされただって・・・・)
「キックを一定のリズムで打ち続けよう。」がテーマ。
グライドキックや背浮きキックやサイドキックの時は問題ない。
ちゃんと一定のリズムでキックが打ててる。
でっ、最後にやらされた(うっ、また・・)コンビネーションでは、
息継ぎをする時に、昨日までと同じようにキックのリズムがくずれてしまっていた。
今日やったキックのレッスンがちっとも生かされていないんだよなぁ~。
残念!!。
まるで、ズボラなウズラみたいだった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

小学校の頃の思い出。

校内清掃の時、私の歩いている先に犬のフンが落ちていた。
「うっ、どうしよう。」
私は、気付かないフリをして、反対側を掃除しながら通り過ぎた。

Devil

しばらくして気になって振り返ってみると、
同じ班の女の子が、レジの袋に手を入れて犬のフンを拾うとしていた。
私は思わずその女の子に駆け寄って、
「あっごめんね、ごめんね」って一生懸命謝った。
「ううん、いいのいいの。私レジ袋持ってたから」
私もレジ袋は持っていた。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

47回目のギター教室。「ダイヤモンドヘッド」完成。

「ダイヤモンドヘッド」って、意外と短い曲だ。
今日でTAB譜の最後までの弾き方を教わった。
ここはこうしてこの指で抑えましょう。
そうすると、次へとスムーズに移れます。
このバレーコードを引くときは、
人差し指に角度をつけましょう。
ここのフレーズは、手の平で軽くミュートしましょう。
ここを弾いた後は開放弦ですから、
目線は次に押さえるフレットに移しておきましょう。
とかとかとか、短い曲ながら、覚えることはいっぱいある。
ふんふん。ふん詰まりのダックスフンド。

Sippohurihuri

「Aura Lee」9勝1敗
「見上げてごらん夜の星を」5勝5敗
に加えて、第三のレパートリーは「ダイヤモンドヘッド」になる予定。
「ダイヤモンドヘッド」はもちろん0勝10敗。
勝敗の数字は、つっかえずに最後まで弾けた回数。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

2年半年越しの開脚前屈。

パワーヨガを始めた頃、左右開脚前屈のポーズが全く出来なかった。
開脚した状態で、両手をお尻の後ろに着いて、上体を支えていないと、
後ろにゴロ~ンとひっくり返りそうだった。
前屈どころではなく、後ろに傾いていた。
まるで、つまったトドみたいに、ってか、とどのつまりがトドなんですが、
体が硬かったんです。
こんなんではダメだ。
それから少しずつ、日々の生活の中に、
前屈の練習を取り入れるようになった。
でも、これまでに2回、つい々焦ってしまって、
腿の裏側のスジと、股関節を痛めてしまったことがある。
その回復に4~5ヶ月かかってしまい、
その間、それまでせっかく柔らかくなってきた所も、
また元に戻ってしまっていた。
そんなこともあったので、
最近は、慎重に、慎重に、少しずつ、少しずつ、練習を続けている。
この間、ついに、鼻の先が床に着くまでになった。

Stretch_kokansetsu_v3

でも、1回鼻が着いたからといって、
その後毎回、鼻を着けるでもなく、その日の状態を見ながら、
行けるところまでで、前屈の練習を続けている。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

長距離クロールの自主練。苦しむのはイヤ。

最近の自主連は、長い距離を泳げるようになることを目標にしている。
前回のレッスンでは、死ぬ思いで200mにどうにかこうにか到達した。
でも、距離を伸ばして行くっていうのは、とっても苦しくて辛い。
他のみんなも、こんなに苦しい思いをして、
距離を伸ばしているんだろうか??。
私に耐えられるんだろうか。
最近不安になってきた。
ウナギ似のアナゴみたいに、
クネクネ自由自在に泳げればいいんだけど、
そうはいかない。
なにも自分を苦しめたり、
辛い思いをするために水泳をしてんじゃない。
わかってるよ。自分でも訳のわからないことを言ってるのは。
みんなは、辛くても苦しくても、
何のために長い距離を泳ごうとするんだろう。

Girl006

私には、それがなんなのかが解からない。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

10回目長距離クロールのレッスン。恐れていたことが・・・

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③おしゃべり
④クロール200m×1
⑤ビート板片手クロール20m×6
⑥クロール20m×4
最近のレッスンでは、
アップと称してクロールの距離を伸ばされ続けている。
40mから始まって、50m、40m×2、40m×3、40m×4。
そして60m、80m、100m、120mときて140mまで伸びて来た。
まぁ~私も少しずつ長距離を泳ぎたいなって思っているからいいんだけど、
私の場合は、もっとゆっくりと伸ばしていけばいいんです。
でっ、今日は始めからなんか嫌な予感がしてたんです。
前回、140mだったから今回は160mが普通なんだけど、
どういう訳か、ひょっとしたら、
いきなり200mって言われるかもしれない、って思ったんです。
「今日は200m行ってみましょう。いける所まででいいですから、」
と、コーチがのたまわった。
なんじゃぁ~って、しばらく抗議が続いた。
「行けるとこまでいいですから」ってことは、
「いい」ってことではなくって「ダメ」ってことだから、とかなんとか・・・。
とうとうごまかすこともできずに、スタートした。
「途中で立ってもいいから」ってコーチは言ったけど、
立つわけにはいかない。でも泳ぎきれるんだろ~か。
不安な気持ちを抱きながら、得意の右側だけで息継ぎをした。
力を抜いて。キックはゆっくり、でもリズム良く。
そのうち何回めの往復かわからなくなってしまった。
でっ、ターンを繰り返していると、
その内コーチから「ラスト!!」って声が掛かった。
それまで順調だったのに、
ラストって解かったとたんリズムが狂い出した。
息継ぎも3回に1回になった。
なぜか空振りの掻きが多くなった。
回転も早くなった。掻いても進まない。
そのうち、息継ぎしてるつもりが、酸素が入ってこなくなった。
死ぬかと思った。ようやく到着。
「じゃあ少しあるきましょう。」
20mプールを歩いて往復した。
めまいがした。まるで、「貧血のコウモリ」みたいだった。
でも200m泳ぎ切ったぞぉ。

Ico_bat01

Ico_witch01

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »