カテゴリー「背泳ぎ」の44件の記事

2010年7月19日 (月)

37回目のバタフライのレッスン。掻きを浅くグライドをゆっくり。

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④背泳ぎ20m×2
⑤両手同時ストローク背泳ぎ20m×4
⑥背泳ぎ20m×2
⑦バタフライ20m×3
⑧バタフライ20m&背泳ぎ20m
バタフライのレッスンだとは言いながら、
最近のレッスンは、いろんなことを教えてくれるようになりました。
今日は、背泳ぎです。
背泳ぎの掻き方を重点的に教えていただきました。
グライドした手を、
キャッチしながら、肘を曲げつつ、やや水面近くまで上げてきて、
胸のあたりから、腿の後ろ側に向かってプッシュする。
っていうのを、ドリルを交えていろいろやりました。
さて、バタフライですが、
前回、水を掻き過ぎてるってことで、
腰の辺りまで掻いてきたら、手の平を立てて、
水の抵抗を無くしてプッシュしましょう。って言われたんですが、
これがどうもしっくりこないんです。

Swim_2

じゃあってことで、
腰の辺りまで掻いてきたら、そのまま横に跳ね上げてみましょう。
こっちの方が合っているかも。

でも、新たな問題が・・。
ストロークのサイクルの時間が短くなったってことで、
バタフライそのもののリズムがあわただしくなってしまい、
あたふたとした慌てた泳ぎ方になってしまったんです。
またまた、じゃあってことで、
グライドをゆっくりとってみましょう。
ってことで、だんだんと自分に合う泳ぎ方になってきました。
そして最後に、バタフライ20m、ターンして背泳ぎ20mを
泳げちゃいました。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

背泳ぎの自主練、最近は6ビート。

ヘラヘラキック撲滅のため、
最近は6ビートの習得に力をいれている。
先生には、「6ビートはまだ早いわよ。」って、言われているけど、
ヘラヘラキックを直すには、6ビートを習得することが、
一番手っ取り早いって、思ったし、
どっちみち、いずれは、6ビートもやらなければならないんだし、
ってことで、ここんとこの自主練では6ビートがメインになっている。
まずキックをズンチャッチャッ、ズンチャッチャッのリズムで打って、
安定してきたら、このズンの時に合わせて、手を入水させる。
この繰り返し。
プールの中にわずかにある水の流れに沿って泳ぐときには、
気持ちよく進むようになってきた気がする。
しかし、折り返して、プールの水の流れに逆らって泳ぐ時は、
まるっきりだめだ。
腰が折れ、下半身が沈んでいく。
ウニャ、ウニャ、ウニャ、....
そんなことをしていると、
以前レッスンで注意されていたことを思い出した。
「力が入り過ぎちゃってる。」ってこと。
今日も、力を抜こう、リラックスして泳ごうって思ってはいたんだけど
体がガチガチだったみたい。
でっ、ひとつ気が付いたの。
ひょっとして大発見かも。
それは、「息を止めていたんでは、体の力は抜けない。」ってこと。
そう、わたし、あいかわらず、背泳ぎの呼吸って、
思い出したときにしかしていなかった。
息を止めている時間が多かった。
息を止めているってことは、力んでいるってことと同じで、
そんな時に、力を抜くなんて出きるはずがない。
そう気が付いた。それからは、6ビートリズムに合わせて、
意識して息継ぎを、止めないでし続けるようにしてみた。
足と手と息継ぎ、この全てを6ビートのリズムで行う。
力はまだ抜き切れてはいないみたいだけど、
これって、いい。うんうん、なんかいい感じ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

今週のレッスンはクローズド。

会社から家に帰ってくつろいでいると、電話が鳴った。
スポーツクラブからの電話だった。
『今週ご予約いただいたセミパーソナルレッスンですが、
コーチが体調不良のためお休みさせていただきたいんですが、』
って、言ってきた。
わたしは、了解した。
そして「先生には、休みになった事を喜んでいた、とお伝え下さい」
って返事して電話を切った。
これは、皮肉でもイヤミでもなく、私の正直な気持ちだった。
台風で学校がお休みになった時のような、
なんとも言えないジワジワと湧き上がってくるような喜びを感じた。
私は、この解き放たれたような開放感が、たまらなく好きだ。
なにも、普段のレッスンにストレスを感じているとか、
重荷になっているというわけではないんです。
それなのに、お休みだって言われると、嬉しくなっちゃう。
変わりに、何やろう?、あれしよう、どこ行こう?、とか、
まるで、怒った顔ぐらいもっと怖くすればっていうフグみたいに、
どんどん空想が膨らんでいくんです。
先生、どうかお大事に、そして、内緒で、ありがとう。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

背泳ぎ自主練。仰向けスカーリング。

先日のレッスンで、うつ伏せのスカーリングをやった。
思いのほかスイスイ進むことができた。
そこで、きょうは仰向けのスカヘリングに挑戦してみることにした。
プルブイを足に挟み、仰向けに浮いてみた。
手を前に伸ばして、さて?どう動かせばいいんだ。
手の甲の方向に進むって教えてもらった。
ってことは、手の甲を前方にむける。
となると、指先は水面に向く。
カマキリみたいだけど、こんなんでいいのか?。
う~ん、ぜんぜん進まん。
なんじゃこれは?
だめだ、だめだ。
まるで溺れているみたいだ。
そんなんで、即刻、中止してしまった。
一度、先生に確かめてから再挑戦だ。
でも、これで手首の使い方が上達するんだろうか?。
そんな感じはぜんぜんしてこなかった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

16回目の背泳ぎレッスン、初めてのスカーリング。

ルネサンス仙川の、背泳ぎのセミパーソナルレッスン。
今日のプログラムでやったことは、
 ①ボビング5回
 ②片手前で壁付け、両足の甲で壁タッチキック20m×4
 ③仰向きグライグキック20m×4
 ④背泳ぎコンビネーション20m×5
 ⑤うつ伏せプルブイでスカーリング20m×1
今日、注意されたこと。
 ①キャッチとフィニッシュのとき、手首の力をもっと抜いて、
って、ことで、手首の使い方を練習するってことで、
初めて、スカーリングの練習が取り入れられた。
スカーリングって聞いてはいたけど、やるのは初めてだ。
プルブイを足に挟み、うつ伏せに浮いて、
両手を肩の線でスカーリング。
生徒さんは5人いたんだけど、みんな進めていたよ。
少しだけ、手で掻いちゃってる人もいたけど、
思ったよりスイスイ進んてだ。
私も、それなりに進んでいたみたいだったよ。
塩素声(えんそごえ)の先生も、みんながやれてたんで、
意外だったらしく、拍子抜けしたって感じ。
それと、今日のレッスンでは、
自分なりに密かに6ビートのキックを意識するようにしていた。
「ズンチャッチャッ、ズンチャッチャッ。」って、口ずさみながら、
キックをするようにしてみた。
うん、なかなか良い感じになってきたみたい。
ヘラヘラキックが出なくなってきたぞ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

背泳ぎ自主練。6ビート?。

最近のレッスンでは「キックが蹴れてない。」って言われっぱなし。
「特に、左足がヘラヘラしてる。」って。
それで先生には「今のレベルでは無理だ。」って言われてたけど、
すこし、6ビートなるものを練習してみようって思った。
まず、仰向けグライドキックを、
従来の2拍子から3拍子に変えるところから始めた。
これは、クロールで6ビートを習得したときと同じステップだ。
「イチ、ニッ。イチ、ニッ。」から、
「ズン、チャッ、チャッ。ズン、チャッ、チャッ。」のワルツへ。
しばらくやったあと、次は、これに手を合わせる。
「ズン」の時に合わせて、手を入水するようにしてみた。
うん?。なんとなく、なんとなく、......。
6ビートぽい。
左足も、一回一回しっかり蹴れている。
20mを4回繰り返したところでやめた。
今日は、なんとなく良いって感じのところでヤメにした。
これ以上続けてやって、もし迷いが出て来てしまったら、
せっかくの良い感じが、吹っ飛んでしまう。
だから、迷いが出ないうちにやめにした。
いい感じのイメージを、次の練習まで持ち続けていられるように。
少しずつ、少しずつでいいんだ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

15回目の背泳ぎレッスン、キックのリズム。

ルネサンス仙川の、背泳ぎのセミパーソナルレッスン。
今日のプログラムでやったことは、
 ①ボビング10回
 ②ウォームアップで、クロール20m×1、平泳ぎ20m×1
 ③泳法チェックで、背泳ぎ20m×1
 ④仰向きグライグキック20m×4
 ⑤片手前で壁付け、両足の甲で壁タッチキック20m×4
 ⑥背泳ぎコンビネーション20m×7
今日、注意されたこと。
 ①左足のキックが、ヘラヘラしてる。(前回と全く同じ)
 ③ローリングで左足が上になった時の、左足のキックがダメ。
またまた、キックが「ヘラヘラしてる。」って言われちゃった。
だから、「イチ、ニッ。イチ、ニッ。」って、
無理やり、リズムを付けてキックしてみた。
そして、先生も考えに考え抜いたらしく、
⑤のドリルをやらされた。
プールの端の壁に横向きで張り付いて、
片手を前に伸ばし、手の平を壁に付けたままでキックをして、
足の甲で1回一回、壁にタッチするんだと。
まるで、熱帯魚の水槽で、
壁に張り付きながら動き回っている魚になったみたいだった。
でも、グライドキックで、キックだけやってるときはいいんだけど、
コンビネーションで手もつけると、「1,2。1、2。」のリズムじゃ
ぜんぜん手と足が合わなくなって、バラバラになってしまう。
でっ、先生に「どうしたらいいんですか?。」って聞いてみた。
「背泳ぎの場合も、基本は6ビート。なんだけど、
今のレベルで、6ビートを意識しても、こんがらがるだけだから、
とにかく、いまはしっかりキックすることだけを考えて。」
って、言われちゃった。
うぅ~ん、それが出来ないから聞いたんじゃあない。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月19日 (水)

長い距離は、リズムで泳ぐ。

今日泳いだ後、ジャグジーで休んでいると、
一緒に休んでいたベテランスイマーの方たちがお話しをしていた。
なんとはなしに聞いていると、「うん?」って思うことがあった。
それは、「リズムに乗った時は、長い距離を泳げる。」
って話していた時だった。
私は、トレッドミルで走っているときのことを思い出した。
リズムに乗れたときは、以外と平気に10キロでも走れてしまう。
でも、調子に乗れずに3キロも走れない時もある。
水泳も一緒なのかなぁ~?。
リズムに乗れば、長距離でも泳げるのかなぁ~?。
なんて思った。
私、カナヅチから泳げるようになって2年以上経っているけど、
まだクロールで50mが最長不倒距離。それも一回きりだけ。
なかなか長距離が見えてこない。
そうか、リズムか、リズムなんだよね。
よし、決心した。
明日からは、初心者コースを卒業しよう。
これからは、1ランク上の「片道を泳ぐコース」だ。
そして、20mでやめないで、時々はターンしてみよう。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月17日 (月)

14回目の背泳ぎレッスン、左右でキックの軌道が違う。

ルネサンス仙川の、背泳ぎのセミパーソナルレッスン。
今日のプログラムでやったことは、
 ①ウォームアップで、クロール20m×1、平泳ぎ20m×1
 ②ビート板に片手を置いて、サイドキック20m×4
 ③片手を前に伸ばして、サイドキック20m×4
 ④背泳ぎコンビネーション20m×6
今日、注意されたこと。
 ①キックの蹴り上げは、体の前に出過ぎないように。
 ②左足のキックがヘラヘラしてる。(←ヘラヘラって言われても・)
 ③下半身が沈んでる。
言うに事欠いて、「ヘラヘラしてる。」だって。
でも、その通りなんだよね~。
特に、左の足が上側のサイドキックのとき、
左足のキックが、ヘラヘラしてるの。
体が水平のときには、左右同じように蹴れているのに、
左を上にしたサイドキックでは、左足がダメ。
また、あらたに、私の背泳ぎの欠陥が見つかってしまった。
そういえば、手の掻きでも、左手がダメだった。
私って、全身的に、左が不器用なんだ。

心臓も左にあるから、心も不器用なのかも知れない。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

仰向け蹴伸び。

相変わらずの、初心者コースでの自主連。

蹴伸びって、クロールの時だけじゃあないんだ。
仰向けの蹴伸びっていうのがあったんだ。

今更ながらなんですが、初めて知りました。

いってみれば、背泳ぎのスタートです。
そういえば、背泳ぎのスタートの練習って、したことがなかったな。

でっ、見よう見まねで、さっそくやってみました。

まだ深くは潜れません。顔が少ーし潜るだけ。
それでも鼻から息を吐き続けているって、けっこう難しい。

それに、後頭部を後ろに倒すってのも、けっこう勇気がいる。

やっとたどり着いた距離は5mがやっと。

せめて8mまでは行きたい。

何度かやったけど、水が鼻の奥を刺激しすぎて、
痛くなったのでやめた。
これは、一日に少しずつやっていくしかない。

これからは、自主練の前に、仰向け蹴伸びを取り入れていこう。

鼻から息を吐き続けられるように、
深く潜れるように。

そして、8mに到達できるように。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧