カテゴリー「バタフライ」の93件の記事

2010年8月17日 (火)

40回目のバタフライのレッスン。一旦打ち止め。

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④平泳ぎ20m×2
⑤クロールの回転ターンだけの練習
⑥片手ずつバタフライ20m×4
⑦バタフライ20m×3
バタフライのレッスンも今回で40回を数えた。
習得度は別にして、バタフライから一度距離を置こうと、
バタフライのレッスンは今日で一旦終了することにしました。

Board1_1

それで今日は、バタフライの総括をやるつもりだったのに、
クロールやら、平泳ぎやら、回転ターンなど、
いろいろやらされてしまいました。
それで、自分なりに、バタフライを総括してみます。
細かい、専門的なことは解かりません。
私が、今の時点で、「これが私のバタフライだ。」と言えるのは、
①水しぶきを上げないキック。
②腕を意識したストローク。
この2つだけです。
これが、これまで40回やってきて掴んだ成果です。
今はこのことを大切にしていきたいと思います。
来週からは、また初心に戻って、クロールを見てもらうつもりです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

バタフライ自主練。何をやれば良いのかわからん。

ここのところのバタフライのレッスンは、
あっちをやったり、こっちをやったりしてるみたいで、
「おっ、ノーブレスって良いぞ。」と思っても、
その次のレッスンでは、
ノーブレスとは関係のないS字ストロークの練習へ、
その次は、顔上げの練習へって具合に、
注意点を克服していないうちに、
あっちをやらされたり、こっちをやらされたりで、
いったい何が問題点なのか解からなくなってしまった。
自主練するにしても、結局のところ的を絞りきれないまま、
過ごしてしまっている。
って、みんな人のせいにしてしまっている自分がいる。
自分が情けないことはわかってる。
でも、レッスンでは、先生に言葉に出して言えないけど、
助けてほしいんだぞぉ。

Girl018

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

39回目のバタフライのレッスン。バラバラ。

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④平泳ぎ40m×1
⑤平泳ぎ20m×3
⑥片手ずつバタフライ20m×4
⑦バタフライ20m×3
今日もバタフライをやる前に、平泳ぎのチェック。
平泳ぎで注意されたのは、
「グライドの時の手の平が合わさって立ってる。」だった。
私のなかで、平泳ぎで、今もって出来ていないと思っているのが、
「手をあごの下で合わせる。」だった。
だから、手を合わせることに意識が行き過ぎていたらしい。
手を合わせたままグライドしていたようだ。
手を合わせて前に伸ばすときには、
手の平を下に向けていなければならないんだって。
バタフライで注意されたのは、
①気が散漫になっていると両足が離れてしまっている。
②ストロークの軌道がバラバラ、
やるたびにバラバラ、右と左とでもバラバラ。
バラバラ、バラバラって、やれる人に言うことで、
私みたいに、やれていない人には、バラバラもなにもない。
もともと、やれていないんだから、バラバラで当たり前!。
もう、開き直るしかありませんでした。

Girl015

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

バタフライの自主練。ノーブレスバタフライっていいかも。

先日のバタフライのレッスンで、
ノーブレスバタフライっていうのを初めてやりました。
普通のコンビネーションでやると、
どうしても息継ぎのことだけに、神経が集中しちゃって、
他のことに気が回らなくなっちゃうんです。
でも、ノーブレスだと、当然のことながら、息継ぎはしなくていいんです。
と、いうことは、泳いでいる時に、いろんなことを考えられるんです。

Ano04ss

あっ、今のキックのタイミングはいいぞ。
入水の時、体重が前がかりになってるぞ。
腕が縮こまってるぞ。
とか、いろいろ考える余裕がでてきます。
なんで、もっと早く、このノーブレスを教えてくれなかったんだろう。
って、上達が遅いのを人のせいにしちゃってます。
私にとってのバタフライの最大の壁は息継ぎだったんです。
その息継ぎをしなくて良いだなんて、
こんなにステキなことはありません。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

38回目のバタフライのレッスン。ノーブレスバタフライ。

<>

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④平泳ぎ40m×2
⑤平泳ぎプルブイで膝下でけキック20m×2
⑥平泳ぎ20m×2
⑦バタフライ20m×4
今日もバタフライだけではなく、平泳ぎのキックも見てくれました。
久しぶりにやった平泳ぎ、「疲れますね~」って言ったら、
疲れない平泳ぎのキックの練習をしてみましょうってことで、
プロブイを股下にはさんで、
膝から下だけで平泳ぎのキックをするっていうのをやりました。

Kaeru_11

足を引き寄せたときに、膝を広げないで、
かかとをお尻の横に寄せ、足先を外側に向けてから蹴り出す。
こうすると、腿の筋肉を比較的使わないキックが出来て、
疲れにくくなるんだって。
疲れない泳ぎ方って、私の永遠のテーマです。
さてバタフライですが、今週は新発見がありました。
今更ながらなんですが、
今日初めて、ノーブレスのバタフライをやりました。
不思議なことに今まで一度もやったことがなかったんです。
でっ、このノーブレスバタフライで気付きがあったんです。
それは、リカバリーの動作の途中で、
腕をちょうど肩の線まで戻しているときの形です。
肩は水面から上に出ていて、腕を両脇に伸ばしています。
顔はノーブレスですから、水面下にあります。
この時の形です。
この形だ!!。ってピンときたんです。

Pteranodon02ss

あっ、私は鳥かもしれない。
ワシが羽を広げ、空中を滑降しながら、首をかかげ、
あのするどいまなざしで、地上の獲物を狙っているさま。
そんな感じがしたんです。
そして、これがバタフライのリカバリーの形なんだって思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

バタフライの自主練。ようやく見えてきた私のバタフライ。

前回のレッスンまでで、なんとなく自分に合ったバタフライの型が、
見えてきたような・・・・。
「掻きは、浅く、腰の辺りまでで、そのまま横に跳ね上げ、
入水してのグライドはゆっくり伸びる。」
これまでに一度か二度通ったことのある道かもしれませんが、
いろいろあちこち迷って、またここに戻ってきました。って感じです。
よし、これに決めた。
このリズムのバタフライを目指そう。
でっ、自主練をしたんですが、なかなかプールが混んでいて、
バタフライを練習することができません。
こんな時に限ってなんですよねぇ~。

Nawap2

しかたないから、片手バタフライで、タイミングを確認しながら、
泳ぎました。
時たま、後10mの間には人がいないって時もあり、
その間隙をねらって、両手バタフライを入れたりしていました。
まっ、焦らずにやっていこうと思います。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

37回目のバタフライのレッスン。掻きを浅くグライドをゆっくり。

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④背泳ぎ20m×2
⑤両手同時ストローク背泳ぎ20m×4
⑥背泳ぎ20m×2
⑦バタフライ20m×3
⑧バタフライ20m&背泳ぎ20m
バタフライのレッスンだとは言いながら、
最近のレッスンは、いろんなことを教えてくれるようになりました。
今日は、背泳ぎです。
背泳ぎの掻き方を重点的に教えていただきました。
グライドした手を、
キャッチしながら、肘を曲げつつ、やや水面近くまで上げてきて、
胸のあたりから、腿の後ろ側に向かってプッシュする。
っていうのを、ドリルを交えていろいろやりました。
さて、バタフライですが、
前回、水を掻き過ぎてるってことで、
腰の辺りまで掻いてきたら、手の平を立てて、
水の抵抗を無くしてプッシュしましょう。って言われたんですが、
これがどうもしっくりこないんです。

Swim_2

じゃあってことで、
腰の辺りまで掻いてきたら、そのまま横に跳ね上げてみましょう。
こっちの方が合っているかも。

でも、新たな問題が・・。
ストロークのサイクルの時間が短くなったってことで、
バタフライそのもののリズムがあわただしくなってしまい、
あたふたとした慌てた泳ぎ方になってしまったんです。
またまた、じゃあってことで、
グライドをゆっくりとってみましょう。
ってことで、だんだんと自分に合う泳ぎ方になってきました。
そして最後に、バタフライ20m、ターンして背泳ぎ20mを
泳げちゃいました。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

バタフライの自主練。水を掻き過ぎないように。

先日のレッスンで、先生から、
「プッシュの時、最後まで水を掻き過ぎているようです。
そのため、疲れてくると体が持ち上がりにくくなるんです。」
って、注意されたんです。

Girl006

私の最近の悩みは、「体が持ち上がらない。」だったんです。
その原因は、自分なりに、水の掻き方が足らないんだ、
だから、目いっぱい水を掻かなければって思っていました。
でもそれは間違っていたみたいです。
私の場合は、どうも反対に、掻き過ぎだったみたいなんです。
でっ、先生から教えてもらった方法を試してみました。
プッシュの後半、胸のあたりから、手の平を返して小指を上に向け、
そのまま、水を切るように腿の両脇から跳ね上げる。
っていうのを何度か繰り返しました。
確かに、手の跳ね上げは楽になったような気がします。
だからといって、体が持ち上がりやすくなったかというと、
そういうわけではありません。
手を返すタイミングが難しそうです。
最低限、空振りしない程度にプッシュし、
手の平を返し小指を上に向けてそのまま跳ね上げる。
その加減が難しいです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

36回目のバタフライのレッスン。水を掻き過ぎる。

今回やったこと。
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進10m×1
③クロール40m×1
④平泳ぎ20m×3
⑤クロール60m×1
⑥バタフライ20m×2
⑦片手バタフライ20m×1
⑧バタフライ20m×4
最近のレッスンは、バタフライが中心ではあるんですが、
他の種目も入れてもらえるようになりました。
今日は、クロールで60mを、って言われ、ドキツとしちゃいました。
これまでは50mが最長だったんです。
40mの手前が一番苦しく、
最後の20mは、とにかく「疲れないように、疲れないように」って、
自分に言いきかせながら、力を抜いてゆっくりゆっくり泳ぎました。
でっ、50mを越えたあたりから、
なんとなく、「あぁ~、これが長距離のリズムかもしれない。」って、
思える感じが出てきたんです。
その時は、もうワンストロークごとに息継ぎをしていましたが、
体全体が、手の先から足の先まで真っ直ぐだったように思います。
ワンストロークごとに、
伸びて、ローリングして息継ぎしてっていうリズムが、
なにか、心地良く感じられたんです。
そして、最長不倒距離を60mに更新しました。

Penguin7

バタフライについては、
「プッシュで、最後まで水を掻き過ぎてしまっています。
そうすると、ストロークが重たくなり、早く疲れてしまい、
体が持ち上がりにくくなってしまいます。
プッシュの後半は、手の平を立てて、小指を上に向けて、
水を切るようにそのまま水面に跳ね上げるようにしてみましょう。」
って注意されました。
これまでは、とにかく水を掻かなければって思って、
目いっぱい掻くように心がけていたんですが、
それではどうも掻き過ぎだったんだって。ふぅ~ん。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

バタフライ自主練。プッシュの方向。

先日のレッスンでは、バタフライをやらせてもらわなかったので、
今日は、思いっきりバタフライを泳ぎました。
最近のバタフライの練習のポイントは、体の浮き上がりです。
でっ、今日気が付いたんですけど、
それは、体の浮き上がりを確保するためだと思って、
プッシュの方向が余りにも下方向に向いてないか?ってことです。
下方向にプッシュすれば、確かに体は持ち上がりやすくなります。
しかし、持ち上がった分、体は、余分に沈み込みます。
その沈み込んだときに、前への推進力は途切れてしまいます。
そして、沈み込んだ分、次に体を持ち上げようとすると、
今までより、より大きな力が必要になり、
結局は、体を持ち上げられなくなってしまったんだと思います。

Pj04

だから、今日は、プッシュの方向をいろいろ試してみました。
前への推進力を失わない程度で、
なおかつ、息継ぎが可能な程度に体を持ち上げられる角度を
探して、いろいろやってみましたが、結局は解かりませんでした。
でも、今までのように、体を持ち上げることだけを意識して、
プッシュの方向が下になってしまうのはダメなんだってことだけは
わかったような気がします。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧