カテゴリー「クロール」の95件の記事

2011年2月 8日 (火)

長距離クロールの自主連。最長不倒距離250m。

ここんとこのレッスンで200m完泳が続いている。
そこで、今日はこれまでの240mの更新をねらってスタートした。
意識したのは、
コーチには悪いけど、上半身の力を抜くだとか、
キックはリズム良く打つだとか、
そんなことは何も考えないで、無心で泳ごうとした。
120mまでは、楽に気持ちよく泳げた。
それを超えた辺りから、楽ではなくなってきたが、気持ち良かった。
160mを超えても、楽ではないけど、苦しくはなかった。
そしてそれ以降は、苦しさが増してくることもなく、
それまでと同じ感覚で240mを超え、250mに到達した。
リズムとまでは言えないと思うけど、
ずっと同じ感覚で泳げたような気がする。

Rabbit02

ずっと、楽ではないけど苦しくはないって感覚で泳げた。
上手く表現できないけど、これまでとは少し違っていた。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

21回目の長距離クロールレッスン。肩を使いましょう。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(完泳)
④手を肩に付けたまま二の腕ストローク20m×2
⑤ビート板片手肘上げたままバタ足20m×4
⑥片手ストローク肘上げリカバリー20m×4
⑦コンビネーションクロール20m×4
今日の200mは、前回に続いて完泳できた。
何をどう変えた訳ではないけど、何となく泳げてしまったって感じ。
これでまた最長不倒距離240m超えへ挑戦する気持ちが芽生えてきた。
今日のレッスンでやったのは、
肩を回すことと、ハイエルボーのリカバリーの二つ。
肩を回すことは、意識すればそれなりに出来てたと思うし、
肩を回して、肩甲骨を動かして前に伸びると、
良く進むことも実感できた。
ただ、肩とハイエルボーのリカバリーと組み合わせると、
全然ダメだった。
まず、左腕がダメ。
意識して強引に肘を上げようとしても、
右腕のようにスムーズにはいかない。
左腕のストロークは、その都度、肘の軌道がバラバラで、
時には、肘を曲げられずに、腕全体を伸ばしたままの時もあったりした。
右腕にしても、スムーズなのは、リカバリーの時だけで、
いざ、入水した後にも、その腕の肘を曲げたままになってしまい、
肩甲骨から腕を前に伸ばすってことができなかった。
肘を曲げるのと、肘を伸ばすのの両方を
同時に組み合わせてやることで出来ないのだ。
ほうれん草嫌いの貧血症のコウモリみたいに、融通がきかないのだ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

長距離クロールの自主練習。人を追い抜いた。

前日のレッスンで200mがバタバタだったので、
そのおさらいをした。
今日も初心者コースではなく、泳ぐコースに入った。
いつもだったら蹴伸び20m2本をするところだが、
泳ぐコースではそうはいかない。
いきなりコンビネーションで泳ぎ始めた。
上半身の力を抜くんだ。
力を入れて掻かないで、ただストロークするだけだ。
キックはしっかりリズムを取って、でも力は抜くんだ。
うんうん、泳げてるぞ。
プールの端に着こうとしたとき、
先に泳いでた人が、立って私にコースを譲ってくれていた。
初めての経験だった。
泳いでいて、人を抜くなんて、これまで一度も経験してなかった。
そういえば、これまでの私の人生、
事あるごとに、追い抜かれてきてばっかりだったように思う。
自分から先に行こうともしなかったし、
ましてや、人を追い抜こうなんて、考えてもみなかった。
それが、こうして、私にコースを譲ってくれている。
そして、私はその人を追い抜いて、また泳ぎ始めた。
なんとなく快感。

Ukiuki

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

20回目の長距離クロールレッスン。キャッチアップクロール。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(完泳)
④腰を持ち上げる感じで20m×4
⑤キャッチアップクロール20m×4
⑥コンビネーションクロール20m×6
今日注意されたこと。
①腰が沈んじゃっています。持ち上げてみましょう。
 --持ち上げて上がるんだったらとっくにやってるよ。
②息継ぎの時、反対側の手がもう掻き始めちゃってます。もっと伸ばしたままで。
 --ウッう~ん、それが出来ないってことは知ってるくせに。
③キックが弱いです。下半身が沈まないよう徳にダウンキックを打ちましょう。
 --どうせ私のキックはヘラヘラキックですよ。

Oioi

今日はどうしてかコーチの言うことが素直に聞けませんでした。
200mがもっと余裕で完泳できるはずだったのが、
予想に反してバテバテだったから、焦ってしまったんです。
こんなはずではなかったのに、って思って、
コーチの言うことなんて、ちっとも頭にはいって来ませんでした。
今日唯一の収穫は、タッチアップの後にやったコンビネーションで、
息継ぎをしてる時の反対側の腕を前にグッと伸ばしたままでいられたんです。
いつもだったら、体が沈み込まないようにって、
水を下に押さえつけるようにって掻き始めてしまっているのに、
グッと我慢できたんです。
その時、水に乗ってスイスイ進んでいた感覚がしたんです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

長距離クロールの自主練。もしかしたら。

私、もしかして長距離クロールに近づいたかも知れない。
長距離スイマーを目指して練習していた時、
「ある日突然泳げるようにならないかなぁ~」って、
いつも思い描いていた。
それまで、200mを10回泳ぐ内、
4回は途中で足を着いてしまっていたし、
泳げたとしても、泳ぎ終わった後は、
目まいがするほど疲れ切っていた。
それが、掻くのを止めたら、200mでも240mでも、
ラクに泳げるようになった。
これから、いきなり500m、1Kmはムリかもしれないが、
その道筋がやっと見えたような気がする。
そう、きっかけは「掻くのを止めた」からだ。
今日もラク~に240mを繰り返した。
泳いでみて、楽しかったと思えたのは、
もしかして初めてかもしれない。

Girl003

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

長距離クロールの自主練。なんと240m×2

前回の自主連で、
「クロールの推進力はストローク1割キック3割」を、
意識して泳いでみたら、とっても良い感じだった。
なんかとってもラク~に泳げたって感じ。
それで今日は、前置きナシにいきなり泳ぎ始めた。
何処まで泳ぎ続けていられるか、試してみたかった。
上半身の力を抜いて、ラク~にストローク。
一切、力をいれないようにして掻いてみた。
うんうん、行ける行ける。
コースの壁のところで、先に泳いで立っている人を、
タッチターンで追い抜いたなんて、初めての経験だ。
行ける行けるぞ。
200mが近付いてきた。
でもラク~に泳げてる。
えっえ~い、もういっちょ行ってしまえってことでターンした。
そして240mでやめた。
もっと行けたかもしれないけど、今回はここまでで止めにした。
楽しみはとって置いたほうがいい。
そのままプールを出てジャグジーに直行して、
興奮しながら泳ぎを振り返ってみた。
240mを泳いだなんて、自分でも信じられなかった。
しばらく呆然としていた。
そしてもう一度やってみようっていう気が沸きあがってきた。
そしてまたプールへ。
何の気負いもなく、スーッとスタートを切った。
ラク~に、ラク~にって、力を抜いて泳いだ。
力を抜くって、こういうことだったんだ。
そして、また240mを泳いでしまった。
今度はさすがにちょっとだけ疲れた。
でも確かに泳げたんだ。

Tama7

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

長距離クロールの自主練。なんか見えてきた。

これまでコーチに何度も注意されてるのに直らないのが、ヘラヘラキック。
というのも、
「クロールの推進力はストローク7割キック3割」
「キックは沈まない程度に打てばいい。」
っていう思いが、頭に刷り込まれていて、

Nawap

「キックを打つと疲れる。」
「キックはむしろ打たなくてもいい。」
という思いがどこかにあって、キックをヘラヘラキックにしてしまっていた。
今日は、そういった思いを大転換してみた。
「クロールの推進力はストローク1割キック3割」
って思うようにした。
ストロークで進むんだっていう思いを捨てた。
かといってキックだけで進もうと思ったわけではない。
キックはこれまで通り3割程度でいい。
そう思って泳いでみた。
プルもプッシュもリカバリーも、力を思いっ切り抜いて泳いでみた。
その分泳ぎに余裕ができて、キックへの意識を持ち続けられた。
うん、いいぞ。
20m泳いだときの疲れ方が、これまでとは全然違っていた。
全然ラクだ。
これだったのかもしれない。
って、まぁ、そんな簡単に答えが見つかるわけはないな。

Penmail

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

19回目の長距離クロールレッスン。左の息継ぎ。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(足着き2回)
④ビート板左手ストローク左息継ぎ20m×4
⑤右手グライド左手ストローク左息継ぎ20m×4
⑥コンビネーションクロール20m×6
最近、レッスンのウォームアップでやらされる200mがプレッシャーになっている。
泳ぎ切れるた゜ろうか。それとも途中で足を着いてしまうんだろうか。
レッスンが始まるまで、いろいろ思い悩んだりしている。

Pen20

案の定、今日も完泳できなかった。
「案の定」なんて単語、日常会話なんかで使うことはないのに、
なぜか思いついてしまった。
それほど私にとって200mは深刻だってことか。
200mは今日でちょうど10回目になる。
これまでは6勝4敗なるも、良くなっている傾向とは言い難い。
進歩がないのだ。
苦しさも少しも解消されていない。
んでもって、負担感だけがつのってるって感じ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

長距離クロールの自主連。酸素を下さい。

「長距離クロールの自主連」と、タイトルっているのに、
ちっとも長距離を泳ごうとしない私がいる。
今日も、マスターズの人達が、隣りの2コースを使って
レッスンをしてるのを横目に見ながら練習した。
でも、せいぜい80mまでで、
それ以上の長距離を泳ごうというような気力が沸いてこない。
あんた本当に長距離を泳ぎたいと思ってるの、ってな感じ。
いつも80mを泳ぎ切ったところで、疲れ果ててしまっている。
その内、疲れなくなってくるんだろうって思っていたけど、
ぜんぜん。
長距離を泳げるようになるためには、何が足らないんだろう。
年が変わっても、相変わらず同じ事を言っている。

Penpkota

週1回のレッスンで、時々200mを泳ぎ切れず足を着いてしまう時のことを思い浮かべると、
その時は息継ぎが不規則になり、ついには息継ぎが出来なくなり、
酸素不足に陥ってしまって足を着いてしまっているように思う。
逆に言えば、酸素さえあれは、体力には多少の自信がある。
距離も伸ばせるはずだ。
ということは、息継ぎに問題があるってことなんだろうか。
今年もまた同じことの繰り返しが始まった感じ。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

18回目の長距離クロールレッスン。キック三昧。

今日やったこと
①蹴伸び20m×1
②ボビングしながら前進20m×1
③ウォームアップでクロール200m×1(完泳?)
④ビート板バタ足キック100m×1
⑤気をつけバタ足キック20m×4
⑥グライドバタ足キック20m×4
⑦コンビネーションクロール20m×2
200m×1の「?マーク」は、コーチも私も往復回数のカウントが、
途中から解からなくなってしまった。
私的には、200m泳ぎきったつもりだったけど、
コーチいわく、「あと一周だったかも??」
今日は、最初から最後までキックだけしかやらせてもらえなかった。
特に、ビート板のバタ足キック100mは、初めての挑戦だった。
スタートして、しばらくはスイスイ進んでいた。
でも、40mを過ぎたあたりから、
特に、プールのわずかにある流れに逆行するときは、
蹴っても蹴ってもチットモ進まなくなってしまった。
でも、80mでターンして最後の20mになった時、
体力は限界だったけど、
足の力が抜けて足がしなってる感じがした。
「足がしなる。」ってこういう感じだったのか。
100mに到達して、体力も使い果たしていたけど、
「足がしなる。」っていう感じをもっと味わいたくて、
キックし続けていたかった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧