カテゴリー「ダイエット」の409件の記事

2011年2月 2日 (水)

水飴

小さい時、
水飴って、水に砂糖を入れて、かき混ぜていると出来るんだって。
私はすぐ、うそだってわかったけど、
ちょっとだけ試して、途中で止めたことがある。
そのことを、みみずくの次郎長先生に話したら、
「あっ、わたしも・・・」だって。
私、試したりしなくっても、すぐウソだってわかったてた。
先生をからかっただけなのに、
みみずくの先生は、本当に試したんだって。
アハハ。

Ahaha2 

って、どこまで本当の話をしてるんだろう。
からかわれたのは、私の方だったかも。
みみずくの先生、ボォーっとしてるようで、
なかなかやるのかも知れない。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

トレーニングウェアの冬服。

本当に寒い。
去年の冬がどれくらい寒かったか、もう忘れちゃったけど、
今年の冬は、今まででいっとう寒い気がする。
寒波って、カッパ着てるの?
(↑自分で考えなさい。)
は~い。
大雪って、どこ行きなの?
(↑自分で考えなさい。)
は~い。

Snow_6

ルネのトレーナーって、どっちかっていうと夏が似合う人が多いね。
手羽先先生にしても、あれこれ先生にしても、
いかにも、夏っ!!って感じ。
強いて冬が似合う先生」っていうとね、
熱燗で一杯の、隠れ温泉宿の若女将先生かな。
ところで、トレーナーの着てるウェアって、夏も冬も関係ないね。
1年中、同んじのを使い回してるもん。
私もだけど。

Bdog

ウェアにも季節感がほしいね。
プロは、樹氷柄のTシャツにしたり、
レッグウォーマなんかを付け足したりして、
何気に季節感を出してるんだろうけど、
私なんか、そんな細かいこと気にもならないし、
このあいだ、ネックウォーマしてったら、
暑くって不評だったの。
不評って、冷たいんでしょ?
(↑不評って本来、冷たいことは、冷たいけど、
それって、もしかして、樹氷のことを言ってるんじゃないの?)

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

ひげメガネ先生の微笑み。

昔は、先生のブログネームを付けるのに、
そんなに深く考えもしなかった。
「山から下りてきたひげメガネ先生」って、
だいぶ昔に付けた名前だから、いい加減なもんです。
別にひげを生やしているわけではないんですが、
見た目、いかにも、ひげっぽいんです。
それに黒ぶちの目立ったメガネをしてたから、
ひげメガネ先生になったんです。
 (何も解説するほどのことではないんですが。)
途中、名前を変えようと思ったこともあったけど、
「ひげメガネ先生」が定着しちゃったんです。
「ひげメガネ先生」の特徴はというと、
生徒さんとお話しをされている途中で、
時々、時間が止まったかのように
微笑みの表情のまま凝り固まって相手をガンミするんです。

01

ご自分の言ったことを相手が納得するまで、
微笑みの表情を崩さないんです。
そんなとき、私は速攻で納得してやります。
いつまでも睨みつけられるのは苦痛だからです。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

あと一人の新人先生。

まだ、このブログで紹介していない新人の先生がいるんだけど・・・、
(・・別にいいじゃない。全員を紹介しなくちゃダメってだれが決めたの。)
うん、そうだけどね。一人だけ残っているの、気持ち悪いじゃん。
(・・別に。)
この先生はね、
(・・やっぱりするの?。)
私の通っている曜日とは合わないらしくって、
まだ良くお話ししたことがないんだよね。
(・・じゃあ止めたら。)
「晩夏の赤城山先生」って言うの。
(・・強引だね。晩夏って秋のこと?。それとその先生、群馬県出身なの?。)
違う、栃木県だったかな。
(・・じゃあ、栃木県の赤城山って関係ないじゃん。)
うん、じゃあ、「アンキモ山盛り先生」って言うの。
(・・何、その名前。いよいよ出尽くしたって感じだね。)
いいじゃん。私、アンキモ好きだし・・・。
それもポン酢味じゃなくって、醤油で甘辛く煮たのが好き。
(・・それがなんなのよ。)
一生のうち一度は、アンキモを山盛りで食べてみたいな・・ってこと。
って、そうじゃなくって、ルネサンス仙川の新しい先生のことだよ。
「アンキモ山盛り先生」は、
ひとつのことにこだわることなく、
全てをやんわりと受け流してしまい、つかみ所がないって感じ。
いつもどこか遠くを見てるみたい。
あの目には、いったい何が見えてるんだろう?。
これから探ってやるぞぉ。
(・・そう、ガンバって。)

Ukiuki

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

原っぱのお地蔵さん先生。

めでたく就職が決まったそうで、おめでとうございます。
 (おめでとうございます。)
あれっ、それだけですか?。今日はバカに素直じゃないですか?。
 (ネは素直なんだよね。)
なんか素直過ぎて調子が出ないんですけど・・・。
 (ところで、いつも思うんだけど、あんた、いったい誰と話してるのよ。)
そうそう、そうこなくっちゃ。
 (それで、お地蔵さん先生の就職先、ヤッパッ学校の先生かなんかなの?)
その言い方はないんじゃない。先生になるのって大変なんだよ。
 (今日はヤケに強気だね。ケガするよ。やってみる?。)
イヤです。でっ、お地蔵さん先生は、学校の先生ではないんです。
 (じゃあ、自動車学校の先生。)
違いますぅ。

Jizowani1

 (もう、言わなくってもいいや。)
言わせて下さいよ。ルネサンスの先生なんです。
  (そんなこと知ってるよ。)
そうじゃあなくって、就職先がルネサンスなんです。
(へぇ~、なんでまた)
うぅ~ん。
(勤務は仙川じゃないんだね。寂しくなるね。)
うん、でも、お地蔵さん先生の後には、小さいお地蔵さん先生がいるしね。
(小さいお地蔵さん先生って、ひょっとこばやし先生のこと?。)
うん、人気があるらしくって、いつも満員なんだって。
(へぇ~そうなんだ。今度一緒にいってみよう。)
うん。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

今期の新人先生は、それぞれ面白い。

ねえ、「小顔のオニヤンマ先生って知ってる?。」
何それ、どう考えても人の名前じゃないし・・・・。
うん、そうだけどさ、本名を出す訳にはいかないじゃん。
ルネサンス仙川の新しい先生だよ。
ふぅ~ん。だからどうしたっていうの。

Tnbm

「小顔のオニヤンマ先生」は、
自由奔放で放浪グセがあり、ひとっところに、なかなか寄り着こうとしない。
あっち行ったり、こっち行ったりで、方向が定まらないって感じ。
なんか、オニヤンマが止まる竿みたいに、細くて背が高いよね。
まだまだ身長が伸びてそう。
それに、少し押すと引くし、
そうかといって、こっちが引いても押し返してはくれないし。
まだ慣れてないのかな。
私が怖いはずはないんだけど。
イマイチ頼りがいが無いっていうか。
まぁ~、新人だからしょうがないか。

Sac005

サッカーやらせれば上手みたいだけど、
クラブにはサッカーないもんね。
近く、スイミングコーチでデビューするらしいから、
それまで楽しみにしてよう。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

レッグプレスと階段の昇り降り。

「エレベータを使わないで階段で昇り降りしてる。」
って、よく言う人がいる。
何よ。階段を昇るくらい、なんの運動にもならないよ。
って、私は、これまで思っていた。
でもでも、よくよく考えてみるとそうではないみたいだ。
ジムにあるレッグプレスのマシーン。
体重の2倍の重さは上げられるって言われてる。
計算し易いように、体重を50kgだとすると、
レッグプレスでは、100kgの重さを上げられることになる。
レッグプレスは、両足を使って上げてるから、
片足に掛かる重量は50kgってことになる。
つまり、片足で体重分の重量を上げているのと同じだ。
では、階段ではどうだろう・・。
当然、片足ずつ着けて登る。
その片足で立っている時は、
片足に体重分の50kgが掛かっていることになる。
そして、上の段へと膝を伸ばそうとする運動は、
まさしく、レッグプレスで膝を伸ばす時と同じ動作だ。
レッグプレスを10回やろうものなら、
もう最大級に疲れてしまう。
階段を20段も30段も昇るのは、
レッグプレス10回より、はるかに運動になるんだってこと。
今更ながら気付いたよ。
今までバカにしていた人、ゴメン。
私も階段を使います。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

新人のみみずく先生。

ルネサンス仙川の新しい先生のうちのひとりで、
「みみずくの次郎長先生」はね・・・・、
(何それ、まぁ~、ミミズの次郎長でなくって良かったけど、
それにしても名付けのセンスがないよネ~。)
ほっといてよ。
でね、「みみずくの次郎長先生」はね、
こう見えて姉御肌で、人の面倒見はいいんだけど、
あとさきを考えないところがあるんだよね。
(本当に知ってて言ってるの?。)
だからか、いっつも、みみず腫れが絶えないんだよね。
(やっぱり、ミミズじゃん。)
それと、あの背の高さは、私にとって時として脅威。
お相撲とったら、完璧に負けそう。
でもね、みみずくのような、
すっとんきょんな目をしててかわいいんだよね。
(まぁ~ね。)

Komimizuku3b

この前、フロアスタッフの引継ぎで、
ひげメガネ先生と、北国の鬼が島先生の二人から、
引継ぎされてて、同時にいろいろ教わっていた。
遠目から見ていると、その時、
真ん中にいたみみずくの次郎長先生が一番貫禄があるみたいだった。
あとで、こっそり「どっちの先生が怖い?」って聞いたら、
右側を指差していた。
私が思ってたのとは逆だった。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

2年半年越しの開脚前屈。

パワーヨガを始めた頃、左右開脚前屈のポーズが全く出来なかった。
開脚した状態で、両手をお尻の後ろに着いて、上体を支えていないと、
後ろにゴロ~ンとひっくり返りそうだった。
前屈どころではなく、後ろに傾いていた。
まるで、つまったトドみたいに、ってか、とどのつまりがトドなんですが、
体が硬かったんです。
こんなんではダメだ。
それから少しずつ、日々の生活の中に、
前屈の練習を取り入れるようになった。
でも、これまでに2回、つい々焦ってしまって、
腿の裏側のスジと、股関節を痛めてしまったことがある。
その回復に4~5ヶ月かかってしまい、
その間、それまでせっかく柔らかくなってきた所も、
また元に戻ってしまっていた。
そんなこともあったので、
最近は、慎重に、慎重に、少しずつ、少しずつ、練習を続けている。
この間、ついに、鼻の先が床に着くまでになった。

Stretch_kokansetsu_v3

でも、1回鼻が着いたからといって、
その後毎回、鼻を着けるでもなく、その日の状態を見ながら、
行けるところまでで、前屈の練習を続けている。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

トレーナーとインストラクターの違い。

ジムの壁にスタッフの紹介が掲示されています。
よく見ると、トレーナーの人と、インストラクターの人がいるようです。
トレーナーとインストラクターって、どう違うんだ。
ネットでいろいろ調べてみた。
でも、明確に説明してくれているサイトは見つからなかった。
いろいろなサイトの情報を総合すると、
トレーナーは、後ろから押してくれる人。
インストラクターは、前にいて引っ張ってくれる人。
ってことになりそう。
つまり、トレーナーは助けてくれる人。
インストラクターは、教えてくれる人。ってな感じかな。

Baree1

してみると、エアロビとかヨガだとかは、
普通の生活の中には登場してこないし、
教えてもらわないと出来ないので、インストラクターって言って、
バランスボールとかレップリーボックなんかの、
筋トレや有酸素運動なんかは、
自分でもやれるのを助けてくれるからトレーナーってことになりそうだ。
うんうんそうだそうだ。相槌上手なソウダガツオみたいに、うなずいた。

人気ブログランキングへ (←1日ワンクリック。応援お願いします。)

ブログのトップページへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧